クレジットカードを選ぶポイントは

大きな分割払いから日々の食料まで、クレジットカードは様々な場面で使われています。 最近、同じ額を払うならポイントがつく分お得なのでスーパーで利用する方も増えています。 確かに同じ1000円でも1~10ポイントの差が続けば年間では大きなものです。

クレジットカードを利用する利点は、やはり後から支払えるという点です。 その月の収支や収入から、一括、分割、リボ払いを指定すると支払いに余裕ができます。 普段は出せない大きな額も分割してしまえば安心ですね。 欠点は実感がわかないからか、使いすぎてしまう事があるそうです。 締め日や支払日、収支を把握しないで使用するのは危険です。 まずはじっくりと無理をして今すぐ購入する必要があるか考えてからご利用下さい。 これから契約する予定のある方は、どのようなタイミングで利用するか想定してから会社を選ぶとお得です。

例えば、大きな買い物はせず、行きつけのコンビニやスーパー、ディスカウントショップ等での利用の場合。 店舗によってはエコバッグ利用でさらにポイントがつく等のサービスもあります。 日用品よりも移動に使う金額が多ければ、交通系のクレジットカードがお勧めです。 ガソリン会社では1リットルあたりの値段が値引きされたり、何かあった時にロードサービスを無料で受ける事ができるものもあります。 海外に行く事が多い場合は飛行距離でポイントが付与されたり、一般とは別のラウンジを使い放題になるサービスがお得です。 他にも金額の大きな固定費はクレジットカードで支払うとポイントも大きくつきます。 通信費や公共料金も1%の還元率は高いですし、不動産屋さんが対応していれば家賃などはすごい稼ぎ時ですよね。

同じようなサービスの会社では溜まりやすさの他に、ポイント還元率や年会費、交換できるもので選ぶのがベストです。 貯めた方が価値があるのならそのカードを重点的に使えばよりお得ですし、どんなに貯めても1ポイント1円のままならば毎回消費しても価値は変わりません。 使ったポイント分の価格が除外される家電量販店などではポイントUP対象以外で使いたいところです。

そういえば、海外旅行での必需品、トラベラーズ・チェックは現金の紛失や盗難を回避するために用意しますが、クレジットカードにも便利な使い方があります。 チップなど小額の現金がほしい場合にカードとキャッシングできるATMがあれば、両替手数料を取られずに現金を手にする事ができます。 海外から外資口座を開こうとすると思いのほか手数料が高くつくのでちょっとだけ両替するのがもったいない時などにお勧めです。 尚、トラベラーズ・チェックは国内での販売が終わってしまったのでやや手間がかかりますが、発行手数料は1~3%程度で入手できます。 行きたい国での発行がなければアメリカドルからの二回、両替する事で利用できます。

是非使いたい場所や目的に合わせて活用してみて下さい。

↑ PAGE TOP