昔とは様変わりしたクレジットカードが多い

一昔前、クレジットカードが磁気ストライプだけでできていた頃は、クレジットカード=ステイタスの高いカードであり、年会費を払って契約し職業や収入によるランク付けを表すと共に、磁気テープをスキミングする事による偽造カードや、盗難カードでの被害が騒がれていました。 現在主流のカードには金メッキされた接触型のICチップが使用され、クレジットカードやキャッシュカードのセキュリティは飛躍的に向上しました。 さらにアンテナとICチップを埋め込んで、機械に挿入しなくても近づけただけで通信できるようになり、電車の改札や自動販売機、コンビニでも非接触型のICカードは利用されています。 ここまで安心・便利になった各種カードはチャージして現金の代わりに使われたり、来店履歴やポイントカードとして活躍し、かつては信用取引のため重かったクレジットカードも普段使いの品と呼べるまで身近になってきました。 利用者が増えると加盟店も続々と増え、今では小さな個人商店でも使える事が多くなってきています。 グループ内ならどこでも利用する事ができる共通ポイントも誕生し、ますます契約する人が増加しているそうです。 ただ支払うよりは、支払いに使えたり景品をもらえるポイントをついでに貯めようという気になりますよね。 毎月雑費で消えていく金額の一部が戻ってくるんですから、スーパーで節約したい主婦の方が取り出すのも解ります。 最近では他のプログラムのポイントへの交換も可能になっていて、メインで使っているカードとは別に用意したい人でも無駄なく使える事が多いですね。 尚、店頭で使おうとした時に手数料がかかると案内される場合があります。 この手数料とは、加盟店側の手数料を指すので、日本では店側からカード会社へ支払うものです。 もし、支払い後に気づいたらカード会社へ連絡をしてみて下さい。 すべての会社で対応してくれるわけではないですが、信用や契約を大切にしている会社であれば何らかの対応はしてくれるはずです。 契約の際には約款をしっかりと読み、安全に利用しましょうね。

↑ PAGE TOP